コレクターズ・アイテム(一般)

45/45

  2020年10月以降入荷分  

V1652以前の商品は  V1619-V1652   をご覧ください

番号

画像(表、裏又は...)

商品名 (説明、状態など) 価格(円)
V1653 

仏印絵葉書 軍事郵便 南支派遣の父から息子の国民小学校生徒宛 検閲印; 使用されている絵葉書は仏印のもので3017 ANNAM – Femme Mois enrichie de bijou, le plus precieux a ses yeux est l’anneau de bois passe dans le lobe de l’oreille.(多くの宝石で飾ったモイ族女性...) 上半身裸の女性の絵葉書を日本人が使うのも珍しいが、子供向けに送っている。

差出人は南支派遣第二〇〇野戦郵便局気付...第二八〇二松井部隊のように読める。なお、ハガキの住所氏名で黒塗りされている部分は、私が入手する以前からのもの(ペンではなく、黒インクなどによる?)。私の方で塗りつぶしたものではないので注意。

日付が428日と記されているが、年は不明。この絵葉書自体は1920年代の使用実績がままあるが、この分は1940年代半ばであろう。左上には赤で軍事郵便、検閲済印、担当者印がある。

ごく軽微な汚れは見えるが、特記する程のものはなし。

2,860
V1654

日本製絵葉書 大坂河口波止場 仏印切手 日本人女性から日本人宛年賀 1914; 年賀に使用されたハガキで、差出は安村ハツミ、宛先は西原とある。大正三年は1914年。

日本人同士となると、仏経由で入手したものはほとんど「千代」「お千代」の名前が付いているが、今回の二人は共に初見。10C切手への消印の文字は読み取れるTOTONKINと分かるが、それ以上は全く読み取れず、どこから差し出したかは不明。

一般的な経年古さがあるが、特記すべき不具合なし。

2,320
V1655

仏印で使用の日本製絵葉書 カラーの鶏 日本人男性から女性宛 年賀 1922年?;宛先は「お千代姉様」、差出人の名前が珍しく男性である。

大正十一年は1922年。カラーの鶏が描かれており、干支の酉に関連したものとすると酉年は大正十年(1921年)となる。ハガキは両面ともわずかにエンボスがかかっている。文章面、いくらか汚れがある。

3,300
V1656

仏印で使用の日本製絵葉書 日本人女性からハノイの女性宛 年賀; 宛先はハノイのStuderとなっているが、同氏は漢字で名前が記されている石野千代さんの夫であろう。

差出は女性で保田すま子とあるが、初めて見る名前である。「細君も娘も遣羽子..夢中」と書かれているこれも年賀ハガキか。年賀の挨拶で仏印10C切手への消印はHAIPHONG, TONKINが読めるものの年月日は年の部分が全く読み取れず、月日は121日のようである。1910年代後半から20年代初めのものか?

イラスト面の中央左端で表面剥がれがあり、その近くが黒っぽく汚れている、

3,300
         
         
 

コレクターズ・アイテム(一般)
Go backPrevious Next Continue

コレクターズ・アイテム(一般)
         10 11  12  13 14  15 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27   28  29   30  31 32 33 34 35 36 37 38   39  40  41 42  43 44 45

コレクターズ・アイテム(ミリタリー・戦争)
             10

レロイ書店ホーム   ご注文は service@nsleloi.co.jp まで