Đông Dương Xinh Đp và Kỳ Vĩ
(Indo-Chine Pittoresque & Monumentale: Annam – Tonkin – Cochinchine, Saïgon et Ses Environs),

Pierre Dieulefils, NXB Dân Trí & D)ông Á, 2020

「美しく壮大なインドシナ」

上は見開きの両面。全体を通じて、右側に写真、その下に越仏英独語キャプション。同じキャプションが左頁にも記載。
下は写真頁のみを掲載。

 

筆者Pierre Dieulefils (1862-1937)はフランスの写真家。1883年に軍隊に入隊、砲兵連隊に配属され1885年にインドシナの地に。2年後除隊し、いったんフランスに帰った。1988年にトンキンの地に戻り、同地で写真家兼絵葉書出版社の仕事に就いた。1905年にサイゴンへ、さらにプノンペン、アンコールへ旅をしたが当然ながら写真を撮ることを忘れなかった。1909年にインドシナでの写真を集め写真集”Indochine Pittoresque & Monumentale: Annnam – Tonkin)を出版。1913年フランスに帰った後はほとんどの時間を詩歌の創作に費やした

本書の仏語タイトルは”Indo-Chine Pittoresque & Monumentale: Annam – Tonkin – Cochinchine, Saïgon et Ses Environs”(美しく壮大なインドシナ:アンナン=トンキン=コーチシナ、サイゴンとその周辺)となっている。本書は彼の写真を紹介するものだが、絵葉書として出版されたものも数多く見られる。

作者の横顔、第I: 中圻 - 北圻、第II: 南圻 - サイゴンと周辺地域と大別し写真を紹介。写真は絵葉書からではなく、元の写真である。写真はすべて見開きの右のページにあり、写真の下それに対面の左ページに簡単なキャプションが越、仏、英、独語で記されている(従ってページ下と対面ページの説明は重複)。1ページに複数の写真を載せている場合は、全体をまとめてのタイトルと個々のキャプションが記されている。実際にページ内の複数の写真は同じ場所や類似のイメージであったりして関係のないものを持ってくるようなことはしていない。写真の番号は第I部は74まで、第II部は54までだが、一つの番号の中で数枚の写真を載せているページも多く実際の写真総数となると261点になる。

大型書で、385x280o, 272pp (8pp)(厚さ37o, 重量約2.8s), HC(DJ), 緒言、筆者紹介などはヴェトナム語のみ、写真キャプションは仏語、英語、独語でも。

 

商品番号: 未定(2020年10月29日現在)
在庫: あり
販売価格(税込):  13,970円

Đông Dương Xinh Đp và Kỳ Vĩ
(Indo-Chine Pittoresque & Monumentale: Annam – Tonkin – Cochinchine, Saïgon et Ses Environs),

Pierre Dieulefils, NXB Dân Trí & D)ông Á, 2020

 

その他の美術書・写真集は
http://www.nsleloi.co.jp/art&photobk.htm

レロイ書店ホーム