海外のベトナム関係書籍   

最終更新日 2017年09月21日 (価格は税込み)

商品No.

タイトルなど

価格(円)
   C658

Trích Li ca Mao Ch Tch  (毛主席语录 (), 外文出版社出版(北京)1972年版, CHINA 1972;  「毛主席のことば」、即ち毛主席語録であり、日本では通常「毛沢東語録」と呼ばれていた。「小さな赤い本」と言っても通じた。

この分は1972年版(従って林彪失脚以降のものとなり、林彪の前書きはない)。共産党、階級と階級闘争、社会主義と共産主義、人民内部の矛盾を正しく処理する、戦争と平和、帝国主義とすべての反動派はハリコの虎である、敢然と戦い敢然と勝利する、人民戦争、人民の軍隊、など全33項。文化大革命当時、日本でも中華系の書店だと各国語版が300円程度で販売されていたが。

95x135, 384pp, 赤ビニールカバー, ベトナム語。USED 若干の経年古さはあるものの、特記すべき不具合はなし。

  

15,020
   C244
The Basic Oxford Picture Dictionary, English/Vietnamese, Margot F. Gramer, Oxford University Press, USA 1995; イラストによる各トピックに分類された英語とベトナム語の辞書。このシリーズは各国語のものがあるが、そのため単語類はベトナム文化は反映されていない。単語数は1,200。巻末には英語索引と越語索引。215x280, 134pp, SC, 英語。この分は新品だが、表紙が経年により茶色っぽくなっている。

20178月現在、ネットでチェックすると、この分は新品だとUS$530US$1700超で取引されている。古本であってもUS$60は例外的な安さで、$100以下は難しく、高い方は新品と変わらぬUS$1700以上というものがある。{当レロイ書店の販売価格は右欄のとおり!]
2,290
  C769

Edible Wild Plants of Vietnam (The Bountiful Garden), Yoshitaka Tanaka, PhD & Nguyen Van Ke, PhD, Orchie Press, USA 2007; 「ヴェトナムの食用野生植物」。本書では全部で130ほどのヴェトナムの野生植物について、そのカラー写真を示し、文章でその特性、分布、用途と効果などが説明されている。

全3部に分けられ、それらは、食用野生植物の概観(ヴェトナムについての総合情報、調査された地域、取材訪問した家庭)、食用野生植物種の役割(定義、分布、食用野生植物の識別、食用野生植物の利用、食用野生植物の栄養価値)、野生野菜と薬草の種類。さらに付録として、調査された省と地域の詳細、植物用語、医学用語、植物種・植物名・ヴェトナム語名により分類された植物のリスト、がある。カラー写真はどのページでも下半分を占めているようなところが多い。150x230㎜, 175pp, SC, 英語

*この分、新品だが経年で表紙上端の約1㎝がやや変色している。(左の写真は現在在庫の現物)
3,910
 C199
越南語三百句 (Tiếng Vit 300300 Câu Tiếng Vit), 馬克承編著, 北京大学出版社, 中国1995; 文字の説明から入るのは普通だが、筆記体の説明もあり親切(筆記体で大文字となると、見なれた英語等とはかなり異なるところがある)基本構文で300という意味だが、勿論それ以外に「情景会話」として練習文もそこそこ豊富。内容は旅行会話と考えればよい。110x180, 282pp, SC, 中国語  1,950

SOLD OUT

 C090
Echoes of the Mekong, Peter A. Huchthausen & Nguyen Thi Lung, Nautical & Aviation Publishing Co. of America, USA (1996);  筆者は元米海軍リバーボート指揮官とメコン・デルタに居住していた女性(85年にODPで渡米)。1967年のメコン・デルタ。パトロール中、敵の襲撃を受け生き残った筆者を含む2人は、重傷を負ったベトナム人少女ルンを救助し、手当てを施す。ルンの村はテト攻勢中に北ベトナム軍に占拠された。75年以降、彼女は共産政権下で苦難の生活を送るが、82年にUPI記者に手紙と写真を託す…。戦争と平和を描いた実話! 160x235㎜, 165pp, HC(DJ), 英語 4,500
 C098
Pagodas, Gods and Spirits of Vietnam, Ann Helen Unger, Walter Unger, Thames & Hudson Ltd., UK 1997;  「ベトナムの寺、神及び精神」写真集。先祖崇拝、アニミズム、道教、儒教、仏教、パゴダと宗教芸術、ディン、英雄を祭った寺、等という章に分けて(写真ともに)文字による解説を行い、それ以降は迫力のある写真で飾られている。写真は簡単なキャプションのあるものと全くないものがある。230x300, 197pp, HC(DJ), 英語 7,560
C100

Return To Vietnam, Jean-Claude Guillebaud & Raymond Depardon, Verso, UK (1994); オリジナルは”La Colline des Anges: Retour au Vietnam”で、本書はその英訳版。戦後20年という視点からの写真である。 文章も多いが写真集に近い。街角で、スァンロクへの道、キリング・フィールド、人々のアヘン、駅のブルース、列車で北部へ、花の時間、英語を話しますか?、ダナンの嵐、ケサンへ戻る、モンテスマの復讐、ドンハ、中国の龍、ゲティンのルビー、やさしいハノイ、ナイトクラブとVIP、フェリーの少女など多数の項目に分けている。写真が多いと書いたが、多い項目の中には文字のみというものも。また写真は全て白黒なのが効果的。ハロン湾のスペルは仏語版同様に(Bay of) Alongだ。195x220, 178pp, SC, 英語 3,960
 C128
La Litteùrature Orale et Populaire du Viet-Nam, Vo Thu Tinh, Sudestasie, FRANCE 1993; 「ベトナムの口承、大衆文学」。 音楽的な要素解説のため、最初に声調の説明がある。ベトナム文字は全て声調など符号付き。白黒写真6150x215mm, 52pp, SC,フランス語。 1,510
C130
Florilège Jörai, Jacques Dournes, Sudestasie, FRANCE 1987 ;  「ザライ選集」、中部高原ザライ省近辺に多く居住するザライ族の口承文学を集めたもの。諺やなぞなぞもある。筆者は25年間に渡りインドシナ少数民族と共に生活し、ザライ語を話し、これまでにザライ族に関する著書を数冊記している。一部だがザライ語と仏語の対訳部分も。少ないがイラストも。140x215mm, 169pp, SC,フランス語 5,250
C137
A History of Vietnam from Hong Bang to Tu Duc, Oscar Chapuis, Greenwood Press, England (1995); 筆者はインドシナのフランス高等弁務官で海洋研究者。サイゴン海事大学校で教鞭をとっていた経歴を有す。有史以前から始まり1883年までの間のベトナム史を記述。歴代の王朝は全て名前を挙げ個別に解説。地図18。160x240mm, 216pp, HC, 英語 9,660
 C213
Old Hanoi, Mark Sidel, Oxford University Press, USA 1998; 東南アジアの生活と文化を紹介するオックスフォード大学出版のImage of Asiaシリーズの中の1冊。ハノイの初期の歴史、フランス植民地時代、ハノイの戦時中と戦後1945-1997年まで、新しいハノイの中のタンロンの痕跡、の全4章に分かれる。写真も見開きにほぼ1枚が配されており合計20点、中央近くにカラー写真が計17pp22点(写真は白黒とカラーそれぞれについて連番付)。コンパクトだがハードカバーの頑丈な造り。140x200, 72pp HC, 英語 4,200
C226
Searching For A Niche (Vietnamese Music At Home In America), Phong Nguyen with Adelaida Reyes Schramm & Patricia Shehan Campbell, Viet Music Publications, USA 1995;  ベトナム音楽の紹介書。アメリカでの音楽活動を見ながら進めている。ホァン・オァンやキム・トゥエンなどポピュラーに近い歌手の写真も見えるが、ここでの音楽は民族楽器などの紹介なども含めて伝統的な音楽の説明に重点が置かれている。巻末には楽譜5点。215x220㎜, 80pp, SC, 英語 2,970
C431
Dust of Life (A Young Nurse’s Heroic Mission to the Children of Vietnam), Liz Thomas, Dutton, USA 1978; 筆者は子供の頃から、マスコミで報道されるベトナムに関心を持ち、7220才のときに看護婦としてベトナムへ赴き、サイゴンのハウス(孤児院)で200人の戦争孤児のために働いた。家庭で第5子だったことから、子供達にはコー・ナムと呼ばれ親しまれた。彼女はベトナム女性がそうであるようにサンダルに黒のパンタロン、それに使い古したブラウスという姿が常だった。75430日のサイゴン陥落後も子供達を放っておけず、引き続き現地にとどまり、..。最初に1975430日という項目があり、以降は第1章、第2章から最後は第12章、エピローグとなる。写真8140x220, 210pp HC(DJ), 英語。 USED 綴じがやや弱いようだが、外観、中とも汚れや破れ、書き込みなどなし 3,870
C455
The Face of Viet-Nam (The Land & the People), A Mike Roberts Color Production, USA 1966; ベトナム戦争真っ只中の時代の南ベトナム紹介書としてユニークなアイテム。人々、サイゴン=東洋のパリ、、ベトナムの宗教、寺と墓、水運、畑・水田の人々、全軍がベトナム防衛のチームを作る、夕飯には何を、都市から離れて、プレイク=高原の中心地、高原少数民族の国、サイゴンがベトナムのすべてではない、ベトナム人にとって河川はライフライン、などと頁毎にタイトルを付け、各頁とも34のカラー写真を掲載。南ベトナム政府の宣伝出品物かと思ってしまうような内容!215x280, 24pp, SC, 英語。  USED 表紙の右下隅に欠けあり(画像参照)。表紙に若干のスレはあるが、それを除くと他に特記すべき不具合なし。 4,800
C460

The Men of Vit Nam (A Travel Guide to Gay Viet Nam), Douglas Thompson, Floating Lotus Communications, THAILAND 1998; 「ベトナムの男たち」。トラベル・ガイドではあるが、単なる観光案内ではなく、ゲイ向けのガイドとなっている点がユニーク。もちろん旅行の一般情報も入っている。

初心者の為のベトナム・ガイド(到着、歩き回り、宿泊、食事、トップ・サイト、ショッピングなど一般的な観光情報で、後の「ハノイ」も同様)、ベトナムのゲイ・シーン、ホーチミン市[サイゴン]、サイゴンの現場(バーとカフェ、ディスコ、カラオケ・ラウンジ、スクーター・シーン(女形男、出会いの機会)、暗い通り、いかがわしい映画館、他の公共場所)、ハノイ、ハノイの現場(バーとカフェ、ディスコ、カラオケ・ラウンジ、大都会の野外)、永久滞在地にする、ベトナムにおけるエイズ、ベトナムについてさらに(推薦書、ヴァーチャル旅行者の為に、ベトナム語エイド)に分けて記載。巻末
4頁のベトナム語によるエイズ情報は「複写・配布自由」とある。

所々に写真があるが、若いアオザイ女性は見られず、上半身裸でスポーツに励む姿など男性が圧倒的。ホーチミン市とハノイの地図
計7。地名他ベトナム語部分はきっちりと声調等符号付。135X190, 190pp, SC, 英語 。

表紙をめくったページ(ブランク)に筆者のサイン。絶版になって久しく、内容もユニークであることからその後価格が高騰し、現在では
US$100以下で入手できることは稀になっている。
6,480
 C500
Treasures from the Hoi An Hoard (Important Vietnamese Ceramics from a Late 15th/Early 16th Century Cargo) 1 & 2, Butterfields, USA 2000;  バターフィールドのオークション用で122冊セット。フルカラーの立派な本で、ベトナム中部のホイ・アン(Hoi An)の宝物として、15世紀後半から16世紀前半の沈没船より回収された陶器類を紹介。購入意欲を引き出すようなすばらしいカラー写真(写真数は1巻と2巻を合わせて2,316にも)が並んでいるが、1では推定価格1500から5000ドル程度、2でも1500から3000ドル程度のものが目立つ。写真には、ひとつずつ、それに対する説明(年代、模様、サイズ、状態など)が記されている。コレクターの方にとっては今後のオークション等取引での参考資料にもなるが、それ以外でも研究用の飼料集としても十二分に価値がある。220x280, 248pp+334pp, SC, 英語

2冊を一緒に(薄いオークション案内書を載せて)シュリンク・パックされている。左画像が今回入荷で、リンクページは以前に入手した同じものからの写真です。

35,220
C501
Uc Dai Loi No.1 (Australia Number 1; Words and Images of the Vietnam War), Raymond Wells & Elizabeth Boulton, Access Press, AUSTRALIA 2000; 「オーストラリアNo.1: ベトナム戦争の言葉とイメージ」。英越バイリンガルによる詩集で、ベトナムの風景等を描いた頁大のきれいなカラーイラスト(水彩)を配しているので、スケッチ集としてもよい。

グエンとの出会い、戻って来る夢、ダストオフ、昨日・本日、色々な素晴らしいこと、カレー、米・豪、聡明な人、ロンタン。マダム・バタフライ、
R&R、真実、家族と友人、山の人、農民….などのタイトルが付いた詩が英語とその越語訳で全31篇。発行は500部限定版。

250x180, 51pp, HC, 英語及びベトナム語。USED 本書はレビュー用の贈呈版で表紙裏側の対面ページ(文字印刷なし)に、レビュー用である旨書いた紙が貼られている。販売価格$35とも)

2,960
C551
Cham Art (Treasures from the Da Nang Museum, Vietnam), Emmanuel Guillon, UK 2001; 1997年に仏語で出版された”Le Musee de Sculpture Cam de Da Nang”の英語版で、これより先にタイでは”Hindu-Buddhist Art in Vietnam”のタイトルで出版されており、それと同一内容。(表紙デザインもも同じだが、タイトルのみ異なる) ダナンのチャンパ博物館に所蔵されている彫刻を紹介したもの。博物館の歴史、チャンパの歴史を説明したあと、チャンパの芸術、ダナンのチャンパ彫刻=主な芸術作品100、博物館の他の作品の項に分け、作品をカラー及び白黒写真で紹介。 180x255, 204pp, SC, 英語 6,300
 C594
Mountains in the Sea (The Vietnamese Miniature Landscape Art of Hoøn Non Boä), Phan Vaên Lít with Lew Buller, Timber Press, USA 2001; 日本のボンサイ、中国のペンジンに比べると認知度が低く知られざる存在であったベトナムのミニチュア・ランドスケープ・アート「ホン・ノン・ボ」を紹介。最初にハロン湾やホアルなど特徴あるベトナムの景観に触れ、その後は作品、作り方、用具、ディスプレイ等について、写真を多用し紹介。全体が美術集のような作りになっている。195x270㎜, 232pp, HC(DJ), 英語 7,770
 C669
UndauntedHeroes.jpg (27553 バイト)
The Undaunted Heroes (A Vietnam Diary), Sergei Vysotsky and Ilya Glazunov, Progress Publishers, Moscow, USSR 1973;  旧ソ連で発行されたヴェトナム戦争時のヴェトナム・スケッチ・ブックで、オリジナルのロシア語版の英訳。発行年の記載はなし。ウラジオストック~ハイフォン、水先案内人ダン、戦争の兆候、飛ぶ竜の都市、勇敢なヒロイン、全ては勝利の名のもとに、芸術家ヒエンの運命、などの見出しに分かれ、イラスト(スケッチ)とともに文字による解説。イラストは約130。簡単な線のものから、カラーで仕上げたものまで、その程度もまちまちだが、ヴェトナムの景色、人、戦時中の様子などがよく表されている。165x160㎜, (頁数記載なし; 約180pp), HC, 英語 USED 古さによる若干の(軽微な)汚れがある程度 12,960
 C675
You Can Take the Boy Out of Vietnam But You Can't Take Vietnam Out of the Boy(Anh coù theå mang nioât caâu trai ra khoûi Vieätnam nhöng anh khoâng theå laáy Vieätnam ra khoûi caâu trai), Bruce Weber, Gianni Versace, ITALY 1996;  もともと展覧会用に作られたL'Uomo Vogue Edizioni Conde Nast (Vogue Italia)の付録?扱いの非売品。モデルのケイト・モスKate Mossと写真家ブルース・ウェバー(Bruce Webber)など一行の写真が何点か含まれており、ベトナム写真集としてコレクターズ・アイテムとなっている。最初から最後まですべて写真(カラー/白黒)で、写真に対する説明はなく、所々に歌詞や詩を入れているのみ。ほとんどがベトナムの人々を写したものだが、ケイト・モスなどの写真が目をひく。販売用ではなく書誌事項についても記載がない。210x275, (頁数の記載はないが約80pp), SC, 英語 25,920
C757
Vietnam, Now (A Reporter Returns), David Lamb, Public Affairs, USA 2002;  新聞社の特派員としてオナム戦争を取材した筆者は、戦後ハノイに居住するという稀有な体験の持ち主。ベトナムの長い歴史を振りかえりながら、ベトナムという国の形成、戦時混乱時から平和繁栄時のサイゴン、サイゴン陥落を顧て、ドイモイの浮沈、誰がベトナムを動かしているのか、越橋:、強力なブレインと豊かな懐など全14章を記述。その現状を鋭く描き、ベトナムを再発見させる好著との評価多数。途中に8ppの白黒写真。160x240㎜, 274pp, HC(DJ), 英語 5,200
C831a
Shells of Vietnam, Nguyen Ngoc Thach, Conch Books, GERMANY 2005; 「ベトナムの貝」。ベトナムで見られる約137種族の1534種及び亜種を掲載。それらは陸地・海のカタツムリ、二枚貝、オウムガイ、ツノガイ、ヒザラガイ、淡水貝を含む。それぞれについて、科学名、異名、英語名、越語名、特徴、平均的な大きさ、習性、分布、発見場所などが記されている。いくらかについては最大サイズや貝の用途も示されている。最初にベトナムの地方分類を示す地図、中に生き物が入っている貝、蓋付き貝の一覧、系統的整理、ヒザラガイなどに続きGastropodsの項目は本書の半分以上を占める。そのあとにツノガイ、オウムガイ、二枚貝という項目があるが、以上の部分は文字による。以降は91ppにわたってカラー写真のページ。貝の形や色が分かりやすいようにバックは真っ黒である。その形や大きさにより異なるが1ページあたり8~41の貝の写真が掲載。最後(写真頁の前)に、科・属の一覧、文献、それに英語名、越語名、科学名の索引。本書は筆者が28年をかけて収集した貝を注意深く研究、分類し、写真に収めたもので、ベトナムの貝の研究に欠かすことのできない1冊となっている。215x300, 338pp(+写真91pp), HC, 英語。 

この分はUSEDだが、ハードカバーだと傷みがちな角も綺麗で使用感もほとんどなく、特記すべき不具合なし。(左画像は今回分)
21,000
C842
Air France Indochine (Icare, Revue de l’Aviation Francaise), Syndicat National des Pilotes de Ligne, FRANCE 1997 ;  フランス航空界の雑誌Icare1997年第4号で、全体が「エール・フランス・インドシナ」の特集号。1791年から第1次世界大戦までのインドシナにおける航空機、航空機でみるインドシナの時代、雲南鉄道、飛行機で行くインドシナ、地図製作パイロットのロベール・ラムベール、エール・フランス・インドシナ1938-1945年、エール・フランス・インドシナ取締役殉教者フランソワ・マルタン、フランソワ・マルタン:奮闘する我が友、フランソワ・マルタン:英雄の死、証言、Ailes19451013日号からの抜粋、インドシナの歴史要約など14の章に分け、多数の写真、       イラスト、地図を掲載して記載、説明を進めている。写真は航空機に関連したものが多いのは当然だが、初めて航空機でインドシナに到達したパイロットの写真や、メコンやハロン湾の水上飛行機の写真など珍しいものも多く、全部で150以上。240x320, 138pp(インドシナ関係は125ppまで), SC, フランス語  6,120
C1044
L’Envol du Dragon: Art Royal du Vietnam, Musée National des Arts Asiatiques – Guimet & Musée National d’Histoire du Vietnam, Musée National des Arts Asiatiques – Guimet, FRANCE 2014;  「舞い上がる竜:ベトナムのロイヤル・アート」でフランスのギメ東洋美術館とベトナムの国立歴史博物館の共同編集により、後者が201479日から同年915日まで開催された同名(舞い上がる竜:ベトナムのロイヤル・アート)エキシビジョンの出展カタログとして発行したもの。こうした美術館のカタログは鮮やかなカラー写真で、頁をめくっていくだけでも実に魅力的であると同時に解説もしっかりしたものであるのは言うまでもない。分類としては、ベトナム芸術の中の竜、タンロン(ハノイ)王都=昇竜の都市、ベトナム陶器の中の竜の描写(11-15世紀)、15及び16世紀のベトナム陶器の青白装飾、ベトナム仏教の幾つかの側面、グエン朝芸術の中での素晴らしい動物の表現。その後に年表、目次(ベトナム文字でアルファベット順だが、それぞれに対応する漢字も)、文献2pp。出展物のカラー写真はCat番号として連番が付与され、1から160まで。それ以外に、解説に関連した白黒写真はFigとして分類ごとに連番があり全部で40ほど。240x290, 191pp, SC, フランス語 9,850
C1063
The New Vietnamese-English Dictionary (Vit-Anh Tân T Đin), André Nguyn Văn Châu, Erin Go Bragh Publishing, USA 2014;  「新越英辞典」、海外で出版のビッグサイズ越英辞典である。筆者はフエ生まれ育ち、現在は作家、詩人、作詞家、画家として活躍している。1975年から25年間は移民や難民のための仕事に従事し、一方でベトナムのいろいろな大学で12年間にわたり英語や文芸の教鞭をとったような履歴もある。本辞書は、語彙数については触れていないが、ベトナムのあらゆる年齢層に使われている単語や表現をスラングも含めて載せ、地方の、あるいは少数民族の方言なども含め過去から現在に至るベトナム文化の理解に供した、としている。前文、参考文献の後は最後までアルファベット順の辞書部である。最後は筆者紹介。225x290㎜(厚さ6.5㎝), 1,157pp, HC. 重量約3㎏。 16,200