MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army IX

Jason M. Hardy, Hardy Publications, USA 2015

「MAC V SOG:  秘密の軍隊のチーム・ヒストリー IX」

本書は201510月に発行された。シリーズの9冊目となる本書では、前書き(プロローグ)、MAC V SOGコンパウンドの歴史的進化、チーム構成について触れた後、このVol.9では次の4つのリーコン・チームを取り上げて紹介している。

即ち、

●第1章リーコン・チーム・アーカンソー(RTアーカンソーFOB#2CCCTF2AF隊員紹介、無線中継サイト「スレッジハンマー」、Randy Rheaの損害、1969年末の少数民族隊員、RTアーカンソーCompany Alert Sop、第1世代のパッチ、第2世代パッチ、第3世代パッチ、ピーター・ウィルソンの損失、隊員の両親・ガールフレンドなどへの手紙をコピーで紹介、第4世代のパッチ、CISO(Counter Insurgency Support Office)ブーツ、コルトのスコープ、CISOの北ベトナム軍ユニフォーム、RTアーカンソーの終わり)

2章リーコン・チーム・モカシン[注:モカシンMoccasinは甲部にU字型の切り替えがある柔らかい革靴の意味](前線作戦基地FOB#4での誕生、RTモカシンFOB#4CCN隊員紹介、FOB#4への敵工兵の攻撃、RTモカシンの第1世代パッチ、第2世代パッチ、ベトナムでのKKK(クメール・カンプチア・クロム=クメール系民族)、Alan B. Cecilの損失、RTモカシンのPOW、第3世代パッチ、タスク・フォース1・アドバイザリー・エリメント医療班、TF1AE医療班パッチ、第4世代パッチ、第5世代パッチ、特殊部隊ショルダー・スリーブ・インシグニア、RTモカシンの終わり)

3章リーコン・チーム・オハイオ(CCN)(RTオハイオCCN隊員紹介、RTニュージャージー・ブライト・ライト、RTオハイオの終わり)

4章リーコン・チーム・ラトラー[注:RattlerRattlesnake、すなわちガラガラヘビのこと](RTラトラーFOB#4隊員紹介、スパイク・チーム・ラトラー・エアボーン・インサート、FOB#4への敵工兵の攻撃、RTラトラー第1世代のパッチ、5000シリーズSOGナイフ、SLAMSearch, Locate, Annihilate, Monitor)作戦、Frederick Magsamen Dennis Neal, Michael Burnsの損失、第5特殊部隊グループの離婚ドー・スクール、第2世代パッチ、CCNリーコンの指輪、1971年末の少数民族隊員、MAC V SOGの黒色ボールキャップ、RTラトラーの終わり)。

付録ではA.インシグニア、B.用語、C.目次。
220x285
o, 390pp, HC(DJ), 英語

商品番号: D1498
在庫: SOLD OUT

販売価格(税込) 32,400
 

MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army IX

Jason M. Hardy, Hardy Publications, USA 2015

 

本書はレロイ書店で取り扱っています。
(品切れになることもあります。お問合せ下さい)

ベトナム戦争・インドシナ戦争写真集(書籍)のページ