MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army XI

Jason M. Hardy, Hardy Publications, USA 2018; 

MAC V SOGシリーズのVol.XIで、これまで同様に4つのチームについて多数の写真を掲載して紹介!

昨年2017年のシリーズ10に続く11号が発行された。プロローグ、MAC V SOGコンパウンドの歴史的進化、FOB#1#6、チーム構成について記したあとは次の5つのリーコン・チームを紹介している。いずれのチームでもメンバーを詳しく紹介しているのはこれまでと同様。

1章リーコン・チーム・フロリダ(CCC)STフロリダ・ウィークリー・レポート、テイルウィンド作戦、第1世代パッチ、ラオスでのアンブッシュ、STフロリダBDA(Bomb Damage Assessment)ミッション、POWミッション、”シンク・シート"RTフロリダの終わり)

2章リーコン・チーム・ホットケーク(CCC) 1971年夏にごく少人数が設立したRTで記述はごく僅かだが、この中で第5特殊部隊グループのMess(食事)クーポンなどを紹介)

3章リーコン・チーム・ケンタッキー(CCC)STケンタッキー・ウィークリー・レポート、1969年初期の少数民族隊員、初期FOB#2のハチェット・フォース・インシグニア、RTケンタッキー第1世代パッチ、ぶーにー・ハット、隊員から母親あての手紙、特殊部隊獣医、、RTケンタッキー第2世代パッチ、ラオスでのミッション、RTケンタッキーの終わり)

4章リーコン・チーム・ニュージャージー(CCN)FOB#1薬の調剤所、1968年半ばの少数民族隊員、硫酸デキストロ・アンフェタミンのタブレット、CCN本部プラーク、RTニュージャージーの再編成、プロジェクト・デルタ、RTニュージャージー第1世代チーム・パッチ、RTニュージャージーの終わり)

5章リーコン・チーム・オレゴン(CCN)1966年半ばのRTオレゴン、STオレゴン・ウィークリー・レポート、1968年半ばの少数民族隊員、ラオスへのブライトライト・ミッション、RTオレゴン第1世代パッチ、RTオレゴン第2世代パッチ、RTオレゴンの終わり)

その後に付録として、A. インシグニア(RTケンタッキー、ホットケイク、FOB#1薬調剤)、B. 用語、C. 目次。

225x285o, 390pp, HC(DJ), 英語

 

 

商品番号: 未定(2018年06月05日現在)
在庫: 
SOLD OUT
販売価格(税込) 35,770

MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army XI

Jason M. Hardy, Hardy Publications, USA 2018

 

本書はレロイ書店で取り扱っています。
(品切れになることもあります。お問合せ下さい)

ベトナム戦争・インドシナ戦争写真集(書籍)のページ