Jaraï

Bertrand Goy & Jean-Yves Coué, Les Indes Savantes, FRNCE 2006

「ザライ」


ハーフ・タイトルのページにはサブタイトルとして”Arts de Guerre et de Mort Chez les Montagnards d’Indochine Mémoires Françaoses”(インドシナの高原民族の戦争と死の芸術、フランスの想い出)ともある。

高原民族(場所の現状、植民地時代の当事者と証人、出会い)、戦争(対立、攻撃の為の武器=クロスボウ・毒矢と毒弾薬・槍、防御又は誇示の武器=パレード用盾・戦闘用盾、腰回りとととめ用の武器=刀・ナイフ)、水牛の生贄(準備、大壺の酒飲み、殺害)、墓の放棄(葬儀、故人との別れ、葬儀の杭、ザライ=ラデ=バナル社会の埋葬、他の民族の葬儀[南部・ムノン、北部・カトゥ、カセン、ゲ・タホイ])のような大小の項目を設けて関連する多数の写真を掲載。

一般的なザライ族の写真とともに、その中に映っている用具・武器についてそれのみを取り上げて別途写真を掲載しているのが特徴で、そのあたりは本書のタイトル「戦争と死の芸術」とあるとおり。彫刻物についても相当のページを割り当てている。本書は実際上、筆者(写真家)による出版であり、販売経路が極めて限られているため見つけるのが困難で出版時から比べても価格も高騰している。

220295o, 157pp, HC, フランス語

 

商品番号:  C1187
在庫:  あり
販売価格
(税込):  33,480円

Jaraï

Bertrand Goy & Jean-Yves Coué, Les Indes Savantes, FRNCE 2006

 

その他の美術書・写真集は
http://www.nsleloi.co.jp/art&photobk.htm

レロイ書店のホーム