Adieu Saigon

Raymond Depardon, Editions du Seuil, FRANCE 2015

「さようならサイゴン」

筆者は1942年生まれ、独学で写真を学び、22才の時にフォト・ジャーナリストとしてアルジェリア、ビアフラなど世界の紛争地に行きその中でベトナム戦争をカバーするためにサイゴンへも行った。同地では川の近くのホテルに滞在したが楽しかったと思う..。数年後戻ってくると通りはGIとそのガールフレンドだらけ、それに爆弾の犠牲者...。その後7577年にチャドに、77年にピューリッツァー賞を受賞している。その後もアフガニスタンなど戦地を訪問している。いちばん最近のサイゴン訪問は2014年で、そこはホーチミン市となっており、グローバル化が進み、かっての姿は想像できず、変わっていく市の姿を目の当たりにした...

「私はベトナムを愛する、愛していた、だが戦争の写真を撮るのは好まなかった...」。兵士達をはじめ戦時中の写真が大半を占めるが、本自体の分類も微妙なところ。

150x205o, 224pp(ページ数記載はなし), SC, フランス語

商品番号: C1014
在庫: 
SOLD OUT 
販売価格
(税込) 4,960 


Adieu Saigon

Raymond Depardon, Editions du Seuil, FRANCE 2015

その他の美術書・写真集は
http://www.nsleloi.co.jp/art&photobk.htm

レロイ書店ホーム